道路交通傷害

重要事項

  • 毎年約135万人以上の人々が、交通事故によって死亡しています。
  • 持続可能な開発へ向けての 2030 年アジェンダでは、 2020 年までに世界の道路交通事故による死傷者数を半減させるという野心的な目標を設定しています。
  • 交通事故によるコストは多くの国でそのGDPの3%を占めています。
  • 事故による死者の半分以上は、歩行者、サイクリスト、モーターサイクリストなどの弱者です。
  • 世界における道路上における死亡の93%は、その車両保有台数が世界の約60%程であるにもかかわらず、低及び中所得国で発生しています。
  • 交通事故は、 5~29 歳の若年層における最大の死亡原因となっています。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中